安田で剣道やりゆうで~

高知県東部の安田少年剣道部です(^o^) ちびっこから大人まで 経験問わず部員募集してます ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

安田少年剣道部を創設した有澤重作先生。

落ちこぼれの私は
先生にかかるのが嫌で嫌でいっつも隅っこに隠れてまして。
「一日に一度は先生に泣かされんと強くなれんがで!」と
先輩に叱られる日々でした。

いざ、先生にかかると竹刀なんてさっさと吹っ飛ばされて、ザ・丸腰(笑)
そっからは打たれ、突かれ、こかされ、乗られ・・・サバ折り。
先生の太い腕で首を固められ、「ぷああああ」(←先生の気勢)と締められる。
打ったあとに抜けるのが遅いと、先生に後頭部を打たれる(もしくは、竹刀を突き刺される)。
壁に打ち付けられる。たまに扉ごと外に吹っ飛ばされる先輩もいる。
まさに地獄絵図(><)

逃げようにも父兄が入口で見てるから無理!
地獄配役
ボス鬼:有澤先生(とにかく打ちまくらないと終わらない)
鬼:小松先生(正しく打ち続けないと終わらない)
門番:父兄(目が肥えて、下手な審判より正確に打ちを判断)

そうそう。有澤先生は体力も運も半端じゃない!
その頃、小学生~中学生まで30名近くいた部員全員を相手に
小松先生ともども元立ち。
60代でアキレスを切ったときなんか、3ヶ月ぐらいで完全復活。
(↑もうちょっと休んでて欲しかった)
二階のテラスから優勝旗が落下したとき、
真下にいたのに紙一重で避けて事なきを得たり。
心臓の手術をし退院した翌日から木刀を振ったり。

ほかにも重ちゃん伝説はたくさんあるんですが、
ありすぎて書ききれません。

当時は365日のうち363日が稽古。
毎日指導してた先生。
今になって先生の凄さがわかります^^;
ほんと化け物です。


えい大人になったいまも
そんな化けm・・・いえ、有澤先生が怖くて怖くて仕方なくて。
先生の車が道場にあるとき何度か逃げました。
(先生すみません!)

そんな怖い有澤先生もだいぶ丸くなってまして。
「うちの金魚はですねえ。可愛いですよ。いつでも見に来なさい」
20120429141222.jpg
「うちに来なさい。金魚見ながら一緒に酒でも飲みましょう。ビールも用意しますよ」
なんて言うてくれたりして。

下の写真は今年の6月の西日本勤労者大会のあと。
「戦時中、わしは特攻隊の教官やったがよ。
そんとにき遊び心で易者に見てもろうたら『90まで生きる』言われましてね。
明日をも知れん特攻隊が90まで生きるわけないと思うたに、
ここまで生きることができました」
と特攻隊員を偲ぶ歌を披露してくれた有澤先生です。
kinrousha8.jpg
その有澤先生が昨日亡くなりました。


亡くなったと聞いたときは「あの化け物が死ぬわけない!」
と信じることができませんでしたが。
どうやら本当みたいです。

怖くて、勝ちこそ全てで、超わがままで・・・
有澤先生のことなんか大嫌いでした。。
でも、なんだかんだ言いながら大好きな先生でした。
先生に指導していただけて良かったです。

通夜:11月20日(火) 午後5時から
葬儀:11月21日(水) 午後1時から
場所:安芸市 白川葬祭

あっちに行っても木刀をブンブン振るがやろうなあ。

有澤先生のご冥福を祈ります。


有澤先生ありがとうございました!
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

*Comment

 

とても残念です。御冥福をお祈りします。
  • posted by 熙父 
  • URL 
  • 2012.11/19 19:11分 
  • [編集]

熙父さんへ 

残念でしたけど、安らかなお顔だったので
気持ちおだやかにお見送りできました。
コメントありがとうございました^^
  • posted by まんま 
  • URL 
  • 2012.11/23 13:50分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。